LOVE SAIJO まちへの愛が未来をつくる

MENU

移住に関するコンテンツ

移住サポート

TOP

MENU

お仕事図鑑

地産食材を中心に
「本当によいもの」をお届けしたい!

※取材の際には感染対策を講じ、マスクは外して撮影している場面があります。

 

 

【農家であることを強みに

西条市出身の山地さん。
大阪府の大学に進学し、卒業後にUターン。
実家が農業を営んでいたこともあり
祖父や父の力に少しでもなれるように
地元に帰ることで、会社員として働きながら
農業の仕事を手伝いたい、と考えていたそう。

山地さんが勤める「株式会社糸プロジェクト」は
半導体関連事業を展開する
「株式会社アドバンテック」代表である山名氏の
生まれ育った地元に恩返しがしたい”
という想いからスタートしたプロジェクト。

西条市民を対象に、さまざまな
ヒアリングやワークショップを行い
東京大学隈研吾研究室のマスタープランをもとに
遊びやすく、暮らしやすい
自然が溢れる街づくりを目指している。

食べる、泊まる、住まうをテーマに
魅力的な施設が展開されている「いとまち」。
そのなかで、地産食材を中心に
各地の「本当にいいもの」を広く発信しているのが
山地さんが店長を務める「いとまちマルシェ」だ

シーフードやグロサリー、お惣菜やクラフトなど
暮らしに身近な幅広い商品がそろう中でも
地元農家の朝どれ野菜は一番の目玉。
納品に訪れる農家さんと、品質や栽培状況について
意見交換や情報共有をしながら
より良い売場づくりを目指しているそう。

プライベートブランドの商品開発も手掛ける。
地元企業や生産者と打ち合わせを重ね
ここでしか手に入らない
こだわりの味わいを追求している。

 

【お客さまの笑顔が、挑戦への原動力に

そのほかにも、イベントの企画・運営や
催事出展企業との調整、メディアからの取材対応
季節に合わせた店舗のディスプレイなど
店長の仕事は、想像以上に多岐に渡る。

「チャレンジを後押ししてくれる社風が魅力」
と、山地さん。単に商品を売るのではなく
産地に赴き、ストーリーを含めた魅力を感じたり
西条市で販売実績のない企業と交渉したりして
「本当によいもの」をお届けできること、そして
「マルシェができて本当に良かった」と
お客さまに喜んでいただけることが
大きなやりがいに繋がっているそう。

 

【人と人との絆が繋がっていく街】

休日は家族とともに農作業に取り組む。
また、釣りやアウトドアを友人と楽しむことも多い。
昔からの仲間だけでなく、仕事を通してできた
友人も多く、またそこから新たな繋がりが生まれ
商品企画や店舗づくりのきっかけになることも。

「祭りなどが盛んな西条市は、地域の繋がりも深く
自然も豊かで本当に住みやすい街。
また、温かい交流の中から
新しいビジネスチャンスが生まれることもあります。
一度外に出て、より西条市の魅力に気付きました」
と、話してくれた。

 

 

【1日のスケジュール】

previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Slider

【株式会社糸プロジェクト】

■業種

卸売業・小売業・飲食サービス業

 

■こんな事業をしています

「いとまち」に集まる人びとのための、参加型プロジェクトです。「エネルギー」「テクノロジー」「グリーンインフラ」「食」「建築」をキーワードとした、東京大学隈研吾研究室によるマスタープランをもとに、遊びやすく暮らしやすい自然溢れるまちづくりを目指しています。

従業員数:35名

事業内容:まちづくり

 

■株式会社糸プロジェクトの魅力

「いとまち」と一緒に成長できる!

今後、戸建て住宅で形成される住宅ゾーンと、ホテルや温泉などがある商業ゾーンがつくられ、まだまだ「いとまち」は成長していきます!1人ひとりの個性やアイデアを存分に活かせるフィールドがあります。

 

安定感も抜群!地元に根ざして活躍OK

当社の親会社は、西条市で1995年に創業した「株式会社アドバンテック」。半導体部品の輸出を中心とした事業を手掛け、今では世界市場に挑む企業へと成長しています!

 

フラットな職場で働きやすい!

社歴や年齢に関わらず、誰もが自分の意見を積極的に発信しながら、より良い店舗づくり・まちづくりに取り組んでいます!研修制度も充実していますので、安心して挑戦してください。

 

■詳細はこちら

会社ホームページ

FOLLOW US

西条市の最新情報や関連ニュースをCHECK

Instagram Facebook LINE Twitter