LOVE SAIJO まちへの愛が未来をつくる

MENU

移住に関するコンテンツ

移住サポート

TOP

MENU

暮らす

春の七草

西条市では七草の生産量が日本一。
正月になると普段はアルバイト禁止の高校も七草仕分けと年賀状の郵便配達だけはアルバイト許可される学校もあるほどだ。

七草は年末年始のお御馳走を食べた胃腸を労わるだけでなく、無病息災を祈り、邪気を払い万病を防ぐと古くから伝えられてきた縁起物でもある。

ありがたい品が西条市から海をわたり他県へ。パッケージには生産者さんの名前も明記して誇りも感じさせる。

1 月 7 日夜、我が家の台所にも七草がならぶ。
台所に小学 4 年の息子を呼びよせ、七草の名前と葉が一致するか答え合わせをする。

「保育園のときに、覚えたから!えと、これなに、タンポポの葉っぱ入ってる?!」
とんちんかんなことを言いながら、この子が保育園年長の頃、何度も繰り返し七草を口ずさんでいたことを思い出す。

こうして、日本の文化を小さなうちから親しませてくれた保育園。春になると苺狩りや、ブルーベリー摘み、園児のおじいさんの梅の木にたくさん梅がなったからと、梅シロップを作ったり、自然と触れ合った記憶は、今になっても子どもの口から、ふとしたときにあらわれる。

さて、春の七草。
台所の風景も、懐かしい記憶になるときがくる。
来年も答え合わせをしよう。

春の七草について(西条市HP)

私が書きました

木貝

木貝

日が長くなると庭いじり、日が短くなると薪ストーブのある暮らし。西条で暮らす日々の一コマエッセイです。

この投稿者の記事一覧へ

関連記事

FOLLOW US

西条市の最新情報や関連ニュースをCHECK

Instagram Facebook LINE