LOVE SAIJO

大正の頃からある「金子商店」は、そらやま街道のオアシス

新緑の四国山地を、西条から高知に抜ける一本の道、国道194号線
別の名を、そらやま街道という。

「目には青葉、山ほととぎす、初鰹」

江戸中期の俳人・山口素堂(1642~1716)はここでこの句を詠んだわけではないけれど、この時期この道走る度、この句がふと浮かぶ
過去のそらやま街道を走るレポートはこちらから

今回は、そらやま街道起点の神戸地区にある「金子商店」を紹介します。

流れも清き加茂川を国道11号線からさかのぼること約2キロ
舟形橋のすぐ近くに、そのお店はあります。
創業したのは100年以上前の大正のころ
(今流行りの、鬼を滅するあの漫画と同じころか?水柱が来てたかも?)

60年位前の金子商店

舟形橋より撮影 一番左の建物が、金子商店 です

昔の国道って、ダートなんですね。道幅も今より少し狭いかな?

現在のお店は、約10年前よりご夫婦でされています。

お店は、最近のコンビニと比べたら小さいけれど品揃えは、すっごく充実
お弁当・ジュース・お菓子・たばこなど販売しています。

駄菓子も充実。思わず「大人買い」をしちゃいそう

愛しい人に、ゴージャスな指輪はいかがでしょう?

お店のよこには、看板犬「まろん」がいて、元気にお出迎えしてくれます。
「まろん」目当てのお客さんもいるそうです。

看板犬「まろん」

夏はかき氷(スペシャルメニューあり)、冬は焼き芋もあります。
ソフトクリームは年中おいしい(250円から)

この日は、ワッフルコーンのバニラアイスをいただきました。
(疲れた時に、家族に内緒で食べるアイスはおいしいよね)

お店は朝6時から、20時まで営業しています そらやま街道行く際は、どうぞご利用くださいね。

金子商店
【住所】西条市中野147−5

この記事を書いた人
いくしー

いくしー

国語の苦手な49才、向き不向きよりよりも前向きに西条のいいところを発信していきたいと思います。取材に来たら、笑顔で対応お願いします。

Facebook

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.

宝島社『田舎暮らしの本』2月号の
「2020年版 住みたい田舎ベストランキング」において、
“若者世代が住みたい田舎部門”で全国1位に輝きました!
“総合部門”など全4部門では2年連続で四国1位を獲得しました!

西条市への移住定住で困った時はお気軽にご相談ください。
私たち専門の担当者や地域で活躍する移住相談員が丁寧に
お応えいたします。

西条市移住相談窓口

西条市 市民生活部 移住推進課 移住推進係