LOVE SAIJO

地元を愛する新成人に聞く 地元のことやこれからの目標

広報さいじょう2020年2月号では、成人式の実行委員を務めたメンバーにまちへの思いや成人としてのこれからの目標を本音で語ってもらう座談会を開催。広報紙に登場した4人に加え、実行委員を務めた市職員の2人も参加。地元のことを愛する二十歳によるトークの全編をお届けします。(広報紙はダイジェスト版で掲載)

※撮影場所は以前、このサイトの「Co-あきない宣言」にも登場したWTNB coffee&studio IN THE HOUSE


●座談会メンバー紹介
伊藤きらりさん…西条高校卒業後、JA西条の生活指導員として就職。趣味はバスケットボール。
栗原由貴さん…西条農業高校卒業後、西条市役所の技師として就職。趣味はツーリング。
越智大介さん…西条農業高校卒業後、JA西条の販売員として就職。休日の楽しみは映画鑑賞。
丸田裕介さん…西条農業高校卒業後、愛媛大学に進学。2回生。夢は西条で起業すること。
坂東直哉さん…東予高校卒業後、西条市役所の技師として就職。最近の楽しみは晩酌。
秋月寛子さん…西条高校卒業後、住友金属鉱山㈱の事務員として就職。目標は幸せになること。

 

#地元がやっぱり好き

――みんなから見た西条の良さって何ですか。

伊藤さん(以下、伊) やっぱり西条まつり。とりあえずまつり前はソワソワするよね。みんなで一致団結してだんじり担いで、差し上げると達成感でグッてくる。

大好きなまつりを楽しむ伊藤さん(左)
西条まつりではだんじり・太鼓台・みこし合せて120以上の屋台が奉納されます


秋月さん(以下、秋)
 だんじり見たら興奮するし、自分の地域以外のだんじり見てもそうなる。あとは市外の人に「まつりがにぎやかなとこ」ってよく言われる。やっぱりそのイメージは強いんかな。友達と集まれるんもいいよね。
坂東さん(以下、板) 確かに。まつりになると市外におる友達も帰ってきてうれしい。昔からまつり文化で育っとるけんみんな愛着は強い。まつり前の練習から盛り上がるもんね。
丸田さん(以下、丸) まつりが大好きで、毎年参加しよるけど、今は松山におって、まつり前の太鼓が聞こえんけん寂しいわ。
越智さん(以下、越) 一年間で思いっきり盛り上がれるんは西条まつり。やっぱり楽しいね。
 地域によって彫り物とか提灯が違って、それぞれの地域の色が出るのも見どころやね。
栗原さん(以下、栗) そうやね。あと伊曽乃神社の階段をタイヤのけて、かついで上がるんやけど、あれが一番盛り上がる。みんなが必死になって協力しよる感があって好き。
 友達にはやめとけって言われたけど、いつかは憧れの青年団長やってみたいな。
 団長までは…(笑) まとめるの大変そうやし、女性団長って今までほとんどおらんのじゃないんかな。
 だからこそやってみたいな!
 すごいね。西条まつりは観光客も多いし、これからもマナーを守っていいまつりが続けばいいね。

越智さんと丸田さんが参加する飯積神社祭礼の太鼓台の差し上げ
地元オリジナルの法被で参加する坂東さん(左)


 そうやね。まつりのほかに良いところは、やっぱり住む環境がいい。水と空気がきれい。
 海があって、川があって、山があって癒やされる。のんびり過ごせる。住むってなったらにぎやかなとこよりも落ち着いて過ごしやすいところ。

日本一にも選ばれた名水「うちぬき」と西日本最高峰の「石鎚山」


 実家が農業しよるけん思うけど、西条はほんとに水がきれい! 野菜が良く育つわー。
 うちぬきもあってほんとに自然豊か。
 でも農作物とかはPRで他市に負けとる感じがする。農業でもっと盛り上がれそう。
 そうやね。あと、やっぱり地元が落ち着く。周りに友達も結構おるし、今後も住み続けたいな。
 友達は大きいよね。今は市外におるけど戻ってきたい。
 市外に出ていくとさみしいよね。やっぱり地元が好きなのって、友達の存在は大きい。友達がおるけん地元好きってとこもあるし。

 

――思い出の場所や食べ物は。

 こどもの国とかのだんじりコーナーはよく行きよった。あとは学生時代、石鎚のバッティングセンター行ったね。
 行きよった。自転車で国領祭(新居浜工業高等専門学校の学園祭)とかも行きよった。自転車で行けるとこまで行きよったなあ。
 八堂山に黒瀬ダム。黒瀬ダムは高校時代のマラソンコースやったね。
 懐かしい。今はドライブとかマラソンでよく行きよる。
 食べ物やったら、ラーメン亭のチャーハンにごかくのカツ丼。高校生のときからよく行きよったなあ。

西条のソウルフード ごかくのカツ丼


 おいしいよね。社会人になっておいしさを知った。
 やっぱり、猪谷勉強堂の揚げたこ。おいしい。
 今は閉店したけど、とらや食堂のラーメン。店内にまつりの提灯がめっちゃあったよね。
 あそこはほんまにおいしかったね。いっつも提灯の数を数えようとするけど、食べるの夢中になって数えれんまま帰りよったね。

 

――これからどんなまちにしていきたいですか。

 技術職やけん、何かみんなが集まれるような建物は作ってみたいな。まちの中心に楽しめる場所、シンボル的なとこあればいいよね。
 商店街をもっと活性化させて人が集まったらいいな。いろんな世代の人が、自分の好きな服屋とか雑貨屋とか、いろんなことできるように。
 若い人が少なくなりよるんかな…。移住とかで、もっとにぎやかになったらいいよね。
 まつりとかでも人が減ったって感じる。人がおらんなったらだんじりもかけんしね。
 俺ら自身が市内の企業のこととか知らんやん。内容分からな就職しようと思わんし、市民が市内のことをもっと分かれば、若い人で住み続ける人も増えるんかな。俺も将来は戻ってきて、いつかは農業の会社を作って盛り上げたいと思っとる。
 お!丸田農園!? いいやん。何するん。
 祖父から続いとる、七草とかメロンとか。
 なるほど応援するわ。地元は良くなってほしいけど、今は「自分がまちのために何かやらな」って意識はあんまないなあ。
 確かに。あと、にぎやかにはなってほしいけど、都会化はしてほしくないかな。知っている場所とか店がなくなるのはさみしいな。今の素朴な明るさがいい。友達同士で「遊ぶとこないね」って言いよる感じが好き。

座談会の途中はお茶をしながら、トークを楽しみました

 

#大人として一歩ずつ前に

――大学生・社会人として歩み始めてどうですか。

 コンサートとかスポーツイベントとかのバイトが多くて、いろんな分野の人と関わるようになった。その人らと一緒に働くことで、つながりも増えるし、いろんな角度から物事を見れるようになったかな。自分の成長につながっとるし、これからの就職活動に生かしたい。
 高校生のときは、就職しとる人はめちゃくちゃ大人やなって感じやった。けど働き始めると、あんま身構えんでもよかったんかなって気付いた。
 分かる。就職する前は「やばいんやろなー」って。
 社会人として痛感したのはやっぱり責任感の重さ。学生のときとは違って覚悟を持たないかんよね。あとは人のつながりの大切さとかも、仕事をしていく上では大切やと思った。
 人ってすごい大事やと思った! 仕事は大変やけど好き。残業多くて忙しいときもあるけど、人に恵まれて、めっちゃ楽しい。
 働き始めて一時期は楽しくないときもあったけど、慣れたら楽しいよね。今はまだ後輩の立場やけど、これからは新入社員も増えるし頼られる先輩になりたいなあ。
 一緒。憧れられたい。そのためにも先輩がやりよることを真似して、吸収して自分のものにしていくことを意識しよる。
 仕事で分からんことはまず自分で調べるようにしよる。それでも分からんかったら先輩に聞いて、ほっとったらツケが回ってくるし…。大介は希望しとった職には就けたん?
 うん。何より地元で働けて良かった。まだ働き始めて1年ちょっとやけど、上司の期待に添うように努力しよる。
 上司の指示に対して?
 そうそう。やっぱり学生のときにはなかったプレッシャーとか責任感はある。
 「1」の期待に「1」で返しよったらいかんよね。常に、求められることプラスアルファって意識せなね。

 

――マイブームは。そして今後の目標を教えてください。

 カメラ。一眼レフでいろんなとこ撮りにいきよる。
 一緒。私もカメラ。もう一台買おうかなー。
 ツーリングにウォーキング。仕事終わって飯食って、1時間ウォーキングして10時には寝るように。健康体を目指そうと思って。
 すげー。規則正しすぎるやろ。
 私も週1回、友達とウォーキングしよんやけどね。いつもローソンとか寄ってデザート食べてしまって(笑) 歩きよる意味がない…。あとは岩盤浴。夜景とか絶景を見に行くことも好き。
 やっぱり二十歳になったけん晩酌。日本酒か焼酎か。それに合う料理を作るんも楽しい。じゃあ今後の目標を順番に言っていこか。
 大学を卒業するときに今の自分よりも成長して、社会人として通用できる大人になれるようにがんばりたい。バイトを通して広がる人脈や経験をどれだけ自分のもんにできるか意識したい。
 今は事務しよるけん、上司とかの質問に自信を持って答えられるようになりたい。今はまだ自信がない部分もあって、知識を増やしたい。あとは幸せになりたい。これ学生のときからずっと言いよる(笑)。毎日1個は「幸せや」って思いたい。仕事とかも「ようやったねー」とか「ありがとう」って言われると幸せ。
 仕事は小学生に食について教えたり健康教室とかを開いたりしてイベントが多いから、自分で提案から実行までできたらいいな。プライベートでは去年初めて愛媛マラソンに出場して、目標の4時間をギリギリ切れて、アスリート枠に入れた。走りよったら無心になれて楽しいし、何より観客からの声援でアドレナリンが出て頑張れる。今年もあんまり練習してないけど、楽しみたい。
 技術職として、もっと良いものを造っていきたいし、後輩から憧れられる人になっていきたいな。あとは一人暮らし始めたんで料理をがんばりたい。
 質問なんやったけ!?
 今後の目標!!
 あー。人から信頼される行動力を身に付けたい。農作物の販売をしてるから、農家さんに頼られる存在になりたいな。
 指示待ちじゃなくて、自分から行動できるようになりたい。最近はバイク乗って、四国内とかツーリングしよるけん、本州とか九州の方にも行ってみたいな。

 

――ありがとうございました。

 

座談会終了後はそれぞれの夢に向かって大きくジャンプ!
この記事を書いた人
LOVE SAIJO 編集部

LOVE SAIJO 編集部

LoveSaijoを運営する編集部のアカウントです。

Facebook

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.

宝島社『田舎暮らしの本』2月号の
「2020年版 住みたい田舎ベストランキング」において、
“若者世代が住みたい田舎部門”で全国1位に輝きました!
“総合部門”など全4部門では2年連続で四国1位を獲得しました!

西条市への移住定住で困った時はお気軽にご相談ください。
私たち専門の担当者や地域で活躍する移住相談員が丁寧に
お応えいたします。

西条市移住相談窓口

西条市 市民生活部 移住推進課 移住推進係